風水害等の「警報」発令時における登下校について

横浜市教育委員会の決まりで次のようになっています。

□神奈川県全域または、神奈川県東部に「暴風警報」が発令され、
 午前7時の段階で発令継続中の場合は、児童の安全確保のため、
 「臨時休業」とします。
□大雪警報・暴風雪警報も同様です。
□横浜市内一斉に休業となるため、家庭への連絡はありません。
□その後天気が回復しても、その日は休校です。

「暴風警報」を伴わず、「大雨・洪水警報」のみが発令され
  通常の登校時刻の時点で継続中の場合、学校から特に連絡がない限り、
  学校は休校ではありません。

□保護者の判断で安全に気をつけて登校させてください。遅れて登校すること
 になっても、遅刻扱いにはなりません

□学校の判断で、休校にする場合のみ電話連絡網(メール配信)でご家庭に連絡いたします。

□登校後、児童が学校にいる時に、「警報」が発令された場合や、
 風雨等が非常に激しくなる恐れがある場合は、「下校時刻の繰り上げ」
 の判断をし、「児童の引き取り」をお願いする場合があります。
□この場合には、学級の「緊急連絡網」でお知らせしするとともに 「メール配信」
をいたします。。

  お願い
    □各ご家庭においては、テレビやラジオ等で気象情報を正確に把握し、ご判断ください。
    □児童の下校時に留守になる恐れのある場合、各ご家庭で緊急時の帰宅場所や連絡方       法などをあらかじめ打ち合わせておいてください。

大規模地震の場合について

1 予知情報から警戒宣言発令まで

(1)登校前

□「臨時の休業」とします。警戒宣言が解除されるまでは休校です。
□学校再開については、状況を確認してから連絡します。

(2)登校後

□授業を打ち切り、各家庭に連絡をいたします。
□学校において児童を保護者に引き渡します。

2 注意情報発令

(1)登校前

□通学中又は、在宅中に「東海地震注意情報」が発せられた場合は、
「臨時の休業」とします。

(2)登校後

□授業を打ち切り、各家庭に連絡をいたします。
□学校において児童を保護者へ引き渡します。

□留守家庭の児童については、学校で保護します。

 

市内指定河川・鶴見川に水防警報が発令された場合

□水防警報は、河川の水位により、通報水位・警戒水位・特別警戒水位・溢水位などがあり、危険な状況で発令されます。
□どのような対応になるかは、各学校の判断となります。休業する時は、連絡網 (メール)で連絡いたします。