よこはましりつ とよおか しょうがっこう         

トップページ緊急時の対応

子どもの安全

安全確保に関するガイドライン

台風や大雪などの自然災害、学校への不審者侵入などから子どもたちを守り、安全に保護者に引き渡すため、学校は次のような基準(ガイドライン)に基づいて判断し、行動します。

1 学校の対応

「学校留め置き」と「集団下校」があります。

「学校留め置き」にするか、「集団下校」にするかは、おおよそ次のような判断基準に従い、その時点で学校が関係機関と連絡を取り合い、情報を収集して、最善と思われる方法を選択し、各ご家庭に緊急連絡網でお知らせします。

(1) 学校留め置き(保護者に学校まで直接迎えに来ていただく場合)

○ 大地震が発生したとき
○ 大規模地震警戒宣言が発令されたとき
   全校児童を学校内に留め置き、安全の状況を判断して保護者に引き渡します。

学校からの連絡は次のような言葉で「・・・事由・・・のために、お子さんを学校で引き渡します」

(2) 集団下校(地域で保護者に引き渡す場合)

○ 大雨、台風、大雪などで個々の下校に危険が予想されるとき。
今後学校にいることで危険が増すことが予想され、早く学校から離れた方が安全であると判断される場合、風雨、風雪の弱いうちに各地区の解散地点まで担当教師と校外指導委員の方々で誘導します。
・風雨、風雪が強まってしまった場合は、児童を学校で保護します。時刻が遅くなるようでしたら、連絡網を通じて連絡し、学校まで迎えに来ていただきます。
・学区外の児童の場合は、連絡網とは別に緊急連絡先に担当教師が連絡をして迎えに来ていただきます。

学校からの連絡は次のような言葉で「・・・事由・・・のために、集団下校をします。学校出発は○○時○○分の予定です」

集団下校を行う状況として次のような状況が考えられます。

  • ①気象状況が悪化し、保護者の引き渡しを待っていると、さらに危険であると判断した場合
  • ②大雪等で今後交通機関に混乱が生じ、保護者の引き渡しが難しくなるだろうと判断した場合
  • ③地域に不審者が出現した場合のように、大勢で帰った方がより安全であると判断した場合
  • ④学校の近隣で危険な状況が発生し、学校から早く離れた方が安全であると判断した場合

▲ページのトップへ