KKプラン  (Kamiiida-Kojo-Plan)
計画期間 平成18年12月1日 〜 平成23年3月31日
学校教育目標
(1) 広い視野をもって、異なる文化を認め合い、互いに支えあう心を大切にします。(共生)
(2) 基礎・基本を身につけ、自分の可能性を伸ばそうとする心を大切にします。(個性)
(3) 心身をきたえ、たくましく生きようとする心を大切にします。(心と体)
学校経営方針
(1) 生徒一人ひとりを大切にし、心の通い合う活力に満ちた学校つくりを推進します。
(2) 健康で自主的に学習し良識ある社会人としての『生きる力』を身につけるように支援します。
(3) 職員一人ひとりが教育の専門家としての自覚に立ち、チームとして意欲的な教育活動を推進します。
(4) 家庭や地域との連携を深めて、生徒の健全な育成を支援します。
指導の重点
(1) 人権・道徳・環境・国際理解教育を充実させ、心豊かな人間の育成に努めます。
(2) 基本的な生活習慣の確立に向けて取り組みます。
(3) 基礎・基本の定着化のため、わかる授業・楽しい授業の研究をし、個に応じた指導の充実に努めます。
(4) 地域や 学区三小学校との積極的な交流を通して、子供の豊かな人間性を養います
改善の視点 取組目標
1
生徒ひとりひとりを大切にする心の通い合う活力ある学校つくりと、心豊かな生徒の育成のため、体験活動や相談活動、人権・環境・国際理解・健康福祉などの教育を充実させる必要があります。







教育相談活動の充実のための時間を充分に確保します。現在行われている4月と9月の担任との教育相談のほかに、授業や部活動の先生との相談の日程を持ちます。
保護者の担任以外の先生との相談や懇談の機会を作ります。
総合的な学習の時間を使って人権教育・環境教育・国際理解教育・健康福祉教育の充実を図っていきます。なかでも、取り組み始めた乳幼児体験や福祉施設訪問など3年間を見据えた計画を立てます。また職業調べを発展させて職場体験へとつながる流れを作ります。また、一方で、ゴミの分別やリサイクルについての学習や校内美化清掃をはじめて身の周りの環境について考える機会を増やします。
2 学校が学習の場であることから考えて、基礎・基本の充実を目標に、基礎学力の定着をはかります。また、その向上がわかるようなシステムの確立を行う必要があります。



 


基礎・基本を漢字・英語の単語・数学の計算の三つにしぼり、入学以来の系統的なテストを作成し、その記録をとり、生徒自身が向上を理解できるようにします。
学習の基礎基本を各教科で再検討し、教科ごとの基礎基本を生徒に説明していくことを始めます。
カリキュラムの授業以外に学習相談日を定期的に設けて学習の不得意な生徒を応援します。
文章理解が苦手な生徒が多くいる本校では視覚的な効果を充分にいかす教育を模索していきます。
3 生徒が安心して通える学校つくりをするために、地域や保護者と共に、安全教育をさらに進めていく必要があります。







総合的な学習の時間を利用して保護者参加の安全教育を実施します。
泉区の防犯防災指定を受けて、さらに学校としての取り組みにします。(不審者対応避難訓練を実施します。)
学校内で、PTA保護者の協力のもと、花の水かえの活動が始まりました。さらに、発展させて保護者と連携していきたいと思います。
情報に関する安全教育を行います。
4 生徒の自主的な活動をより活発にするため、生徒活動の運営を教えるとともに、生徒のリーダーを育成する必要があります。




生徒会本部の指導を行うとともに、意欲を持った生徒に対して、必要に応じて指導する場を設けます。
リーダートレセンを企画し、希望者を募集して指導します。
文化祭や校外学習などの行事に生かせるように、希望者に対してレク指導や舞台指導を行います。
5 生徒の健康を考えた基本的生活習慣の確立を家庭・保護者と連携して進める必要があります。



基本的な生活習慣が基本的な学習習慣の基礎であり、食事や睡眠が重要であることは理解しやすいことです。外部講師の講演や指導をお願いするなど、年間を通した活動を計画します。
部活動を奨励し、昼食指導・清掃指導など授業以外の場面での生活を大切にします。また、地域行事への参加などを推進します。
6 本校の特色である多文化共生教育・小中連携事業をさらに進めていく必要があります。



平成18年度に指定を受けた提案公募型事業「横浜パイオニアスクール」通称PSYで行う多文化共生教育・小中連携事業を進めます。さらに、そのPRをより確実なものとして、地域の理解を深めていきます。
小中の連携は欠かすことができないものとなってきており、授業参観の回数を増やすことや、さらには交換授業や出前授業なども推進します。
人材育成の考え方 ◎ 
・ 
 ・
国際理解教育に関するスペシャリストとしての教職員の育成を目指します。
中堅職員の育成に力を入れると共に、今後増加が予想される新採用教諭等の若手教員の育成に教育委員会主催の研修を活用すると共に校内研修を充実します。
一人ひとりが自ら課題を持ち取り組み、さらに課題解決に向け、教職員の共通理解と支援を図ります。
平成18年度の重点
取組項目





教育相談活動の充実を目指して、担任の相談以外の相談日を設けます。同時に定期的に学習相談日を設けて学習の不得意な生徒の基礎学力の定着をはかります。
PSY(多文化共生事業・小中連携事業)が開始されるに伴って職員の研修会を持って共通理解をはかります。また地域や保護者にそのことをさらにPRしていきます。
漢字テスト・計算テスト・英語単語テストのやり方を検討します。
3年生で初めて福祉施設訪問体験学習を実施します。

これまでの取組結果 (平成19年度から記載します。)
まちとともに歩む学校
づくり懇話会の意見等






 








地域では、生徒が暮らす環境を作ることに努力しています。学校では学習面を充実させて欲しいと考えています。
上飯田中学校には「何かひとつ誇れる特徴ある特色を持って欲しい」という思いのなかで、泉区軽スポーツ大会などの福祉活動への参加や地域清掃ボランティア(西公園清掃・上飯田中学校周辺清掃)などの積極的な生徒の参加およびその活動には、目をみはるものがあります。そういういい点を地域でも応援しているし、いろいろな場面でPRしています。悪いことを叱るばかりでなく、いい面を伸ばしていくようにして欲しいと思います。
中学校の保護者の地域行事への参加率が、小学校の頃に較べ急に下がる傾向があります。中学生は地域清掃などに積極的なので、地域でも盛り上げて行きたいと考えています。
中学校では、「上中サポーターズ」として廊下の花や水の入れ替えを保護者の方が活動しています。また、国際教室を中心に「菜園」を作り、土に親しむ活動があり、地域の農家の方との交流も増えて来ています。通学路の「花通り」の水やりなども中学生の活動としていけるいいと思います。
地域であいさつが自然にできる生徒にするためにも、大人が見本になるようにしたいと考えています。
※1 この計画は、横浜市教育委員会の定める「学校版マニフェスト(中期学校運営計画)」として策定したものです。 
※2 ◎:重点項目です。
その他 2007年度が開校30周年なので、それに向けた取り組みを準備していきます。