平成28年度 中期学校経営方針 へのリンク 

予算 へのリンク   new

アクションプランへのリンク 

平成28年度全国学力・学習状況調査へのリンク
             topへ戻る

学校経営について

 学校経営計画


1 学校教育目標
生徒の自己実現を支援するために次の心を育みます。
(1)  基礎・基本を身につけ、自分の可能性を伸ばそうとする心。(知・徳)
(2)  心身をきたえ、思いやりを持って、たくましく生きようとする心。(体・徳)
(3)  広い視野をもって、異なる文化を認め合い、互いに支えあう心。(公・開) 

2 教育指導の重点
 思いやりと信頼を育む教育の推進
(1)      自尊感情、アイデンティティの確立をねらいとした人権を尊重する教育の充実に努める。

@    いじめや差別のない,一人ひとりを大切にする望ましい仲間づくり

A    思いやりと協力の精神の育成         B 道徳教育、環境教育、福祉教育の充実

C    障害児理解教育・障害児教育の推進        D 国際理解教育・外国籍生徒教育の推進

E    勤労体験学習の推進

(2)      自ら課題解決に取り組む意欲を育成するために、学習指導の充実・改善に努める。

@ 基礎的基本的な指導内容の定着        A わかる授業,個に応じた指導の実践

B 学習習慣の定着化

(3)      学習への意欲、向上心を育成するために、きめ細かな生徒指導の充実に努める。

@ 一人ひとりを大切にするきめ細かな生徒指導   A 基本的生活習慣の確立

B 生徒理解の徹底と学級経営の充実        C より良い自己実現を目指す進路指導の充実

3 教育指導の努力点

新しい学力観・評価観にたち,一人ひとりの良さや可能性を引き出す指導力の向上に努める。

1)心豊かな人間の育成に努める。

@     人権,道徳,環境,国際理解教育の充実(個人の尊重と心の醸成)

A     基本的生活習慣の確立

2)個性を生かす教育の充実に努める。

@     個に応じた指導の充実 〈基礎学力の定着〉

A     わかる授業・楽しい授業の研究,実践〈学習習慣の定着〉

4 学校経営方針

(1)  全校職員が,一致協力した教育活動への取り組みを基礎に、創意工夫と意欲を発揮し、生徒一人ひとりを大切にする心の通い合う活力に満ちた学校づくりに努める。

@     学校教育目標の理解と認識を深め,この具現化のために,教育諸条件の整備・充実・保全を図り,活力ある学級経営を推進する。

A     教育課程の整備・改善を図り,ゆとりのある教育活動が展開できるようにする。

B     教職員個々の持味を活かしながら,集団としての連帯感を強め,より充実した教育諸計画の推進を図る。

C     全教職員による学校の危機管理体制の確立を図る。

2) 生徒一人ひとりが,個性と能力を十分に発揮し,健康で、自主的・意欲的に学習し,良識ある社会人として「生きる力」を身につけ,自己実現ができるように適切な援助を行う。

@     生命を尊重し,自然を慈しむ心をもち,自ら健康と安全に気を配る習慣を育てる。

A     物事の正しい判断と,責任ある行動を基盤に,教師と生徒,生徒相互が心のふれあいを大切にする心情を育て,生徒一人ひとりが心の居場所を確保することができるように,受容と共感に基づく生徒理解に努める。

B     生徒一人ひとりが,基礎的な能力を身につけ,積極的に自らの課題を自らの力で解決し,主体的に生きる力を育てる。

C     いじめ,セクハラ,体罰の根絶を目指して,人権教育を充実させる。

  (3)教職員一人ひとりが教育専門職の自覚に立ち組織の一員として意欲的に教育活動を推進する。

@     教育職として,絶えず研究と修養に努め,その専門性を発揮する。

A     教職員相互が強い連帯感と信頼感をもち,協業体制の中で責任を果たす努力を続ける。

  (4) 生徒の健全な育成を目指して,家庭や地域社会・関係諸機関との連携を密にする。

@     学校への理解と協力を得るため,学校や生徒の実情を家庭や地域に伝える努力を重ねる。

A     地域理解を深めるため,地域の行事等に積極的に参加する。



psyyokohama.htmlへのリンク