横浜市の学校事務職員、M氏の1日を紹介します。注)事務職員の職務は、学校規模の違いや校内の役割分担によって異なる場合があります。ここに紹介するのはその一例です。また、製作年の関係で、一部、現在の実務内容と異なる箇所があります。

書類のチェックは慎重に

写真:書類に不足がある場合など、保護者に直接電話をし、連絡を取り合うこともあります。
保護者から就学援助の申請が提出されました。必要な書類が揃っているかを確認し、台帳を作成していきます。

事務室では、書類のチェックを複数人で行う、個人情報を伴うお知らせに窓付きの封筒を利用するなど、常に間違いのないように細心の注意を払いながら、事務手続きを進めていきます。

このページの先頭へ

いろいろな職員がいます

写真:様々な職種・勤務形態の職員が勤務しています。
一口に「先生」と言っても、学校には教員以外にも様々な職種・勤務形態の職員が勤務しています。

教諭・養護教諭・栄養教諭・栄養士・事務職員・技術員・調理員・管理員・巡回員・図書館司書などなど・・・

そういった方々の給与を支払うための情報をまとめて教育委員会に報告することも私たちの仕事です。

 
このページの先頭へ

おめでとうございます

写真:事情を説明しながら照れる教諭。
職員の配偶者が出産しました。
職場の皆から祝福を受ける職員に、給与・社会保険・福利厚生等の説明をします。

職員の転居・結婚・出産等にともなう事務については、本人からの申請を受けて手続きが進んでいきます。

生まれた子を扶養する場合には扶養手当が、職員本人が出産した場合には出産費などが支給されます。

 
このページの先頭へ


前へ1234次へ
Copyright (C) 横浜市公立学校事務職員研究協議会