ライン












 

10月23日、横浜みなとみらいホールにて第48回合唱コンクールが行われました。平日にもかかわらず、多くの保護者の皆様にご来場いただき、本当にありがとうございました。

みなとみらいホールという大舞台で、どのクラスも、どの学年も、そして合唱部も素晴らしい歌声を響かせてくれました。

 長い時間をかけてたくさんの候補曲から選曲し、指揮者・伴奏者・パートリーダーを中心に合唱練習を重ねてきました。みなとみらいホールの舞台に上がるまで、各クラスでさまざまなドラマがあったかと思いますが、それを乗り越えて一つの歌を全力で届ける姿が印象的でした。

 また、文化委員が何度も何度もアナウンス練習に取り組み、スムーズな進行につなげました。準備している姿を直接見る機会は少ないですが、本番のアナウンスから本気が感じられたのではないかと思います。他にもみなとみらいホールの関係者の方や地域の方々など、ここには書ききれないくらいさまざまな人の支えがあって、この合唱コンクールを成し遂げることができました。

 この合唱コンクールを通して、学んだことは一人ひとりの胸の中にたくさん刻まれていることでしょう。それを活かして今後の学校生活につなげてほしいと思います。 




                   
*平成30年度 学校だより 第7号 より抜粋
合唱コンクール
角丸四角形: 本番直前 リハーサル室で角丸四角形: みなとみらいホールのパイプオルガン