ライン

 4月24日(火)から26日(木)の3日間で、奈良・京都に行ってきました。1日目は、新横浜から京都駅へ向かい、そこからクラスごと、バスで奈良公園に移動しました。クラスの集合写真を撮ったあと、大きな奈良の大仏を見て、班別行動をしました。たくさんのシカを横目に事前に決めていたコースを周りました。奈良公園を満喫した後は、薬師寺に向かいました。下見をしたときから素敵な法話で、ぜひ青学年のみんなに聴いてほしいなと思っていました。子どもたちも最初は、少し堅い感じをイメージしていたようですが、漫才のようなテンポで話してくれる話術に引き込まれ、とても楽しそうでした。
楽しみながらも、その中で挨拶の大切さや周りの人たちを大切にすることなど、一人ひとりが何かを感じてくれていたようでした。薬師寺からホテルに帰ると、早速の食事、メニューはしゃぶしゃぶでした。みんなで笑顔で楽しそうに食べる様子は、見ているこちらも笑顔になれるとても良い雰囲気でした。そこからは入浴し、自由時間を過ごし、就寝、、、疲れていて意外と早く寝ている?様子でした。   
2日目、3日目は、情熱的な「朝だ、朝だーよー」という元気な声で目を覚まし、朝食を食べて、タクシーによる京都班別行動をしました。

2年生の頃から事前学習を行い、3年生でコースを決めて臨みました。   光り輝く金閣寺、風情漂う銀閣寺、ずっと鳥居が並ぶ伏見稲荷、学問の神様で有名な北野天満宮など、京都ならではの建物を肌で感じることができました。また、班別行動の中で染物や扇子づくりなどの体験も行いました
初めて行う活動に苦戦しながらも、みんな一生懸命取り組んでいたのが印象的でした。しおりには、難しかったけれど楽しかったですという感想が多かったです。

 そして、3日目京都駅で班別行動から戻ってきた生徒たちは もちろん疲れてはいましたが、新しいクラス、班の仲間との絆が深まり、まぶしい笑顔が輝いていました。

 3年生にとっては、新しいクラスになってすぐの緊張もある中での修学旅行でしたが、終わった後の充実感は何にも代えられないものでした。この修学旅行で得たものを今後の日常生活や行事に活かし、充実した1年間になることを楽しみにしています。

  
            *令和元年度 学校だより 第2号 より抜粋

合唱コンクール