学部・施設紹介

トップページ > 学部・施設紹介 > (現在の位置)学校図書館

学校図書館

はじめに

 横浜市立盲特別支援学校の図書館では、利用者が幼稚部から専攻科まで多岐にわたるため、絵本から専攻科の医学書関連の本まで多種多様の本を取りそろえています。利用対象者は、教育相談乳幼児や本校在学生とその保護者、教職員、卒業生、また横浜市周辺の弱視学級へもセンター機能として貸出しを行っています。
 本校図書館では、一人ひとりにあった点訳本や拡大本、録音図書などの「読める資料作り」をすることが大きな役割になっています。一人ひとりにあった図書を作るために、点訳・拡大・音訳さまざまな分野の大勢の図書館ボランティアに支えられて、運営しています。今現在、29団体、500名を超える図書館ボランティアの皆様がいます。
 利用者が、読みたい本を、読める形で提供ができるように、誰もが利用しやすい居心地の良い図書館を目指しています。

                       横浜市立盲特別支援学校 図書館

図書館について

   図書館内の様子
 図書館内の様子  書架のようす
 図書館カウンター  カーペットフロア
   図書館の設備・機器

 本校の図書館では、視覚障害のある利用者に適した読書環境の整備 が必要となります。
 設備・機器として、書見台や拡大読書機、DAISY再生機、よみとも(自動点訳・音声読み上げ機能)、音声対応パソコン、iPad、マルチメディアDAISY図書専用パソコンなどを整備しています。
 また、本の貸し借りには、音声対応の図書館蔵書管理ソフト(情報BOX)を使用しているため、利用者が一人で本の借り受けや返却ができます。

 音声対応の貸出システム
音声対応のかしだしシステム
拡大読書機
       書見台
しょけんだい
     DAISY機器
デイジーきき
      よみとも
よみとも
iPad
アイパッド

◆図書館の蔵書メディアの種
  
本校図書館の蔵書は大きく分けて,墨字本(活字印刷された市販の一般図書)、点字図書、拡大図書、録音図書から成り立っています。
 点字図書には、点字だけの点訳図書以外に、手で読む絵本、点字付きの絵本などがあります。絵本は、幼稚部や低学年の子どもが楽しめるように、さらに「手で読む絵本」「点図絵本(挿絵を点図で表したもの)」などへ変換されます。
 拡大図書には、ボランティアの手作りの拡大文字の本と、市販されている大活字本、iPadの電子書籍などがあります。拡大文字の本は、利用者の要望を取り入れ、文字のポイント・フォント・行間・文字間などにも工夫して作成されています。
 録音図書には、CD図書やDAISY図書、マルチメディアDAISY図書などがあります。その他にも、音の出る絵本や、しかけ絵本、DVDなどを取り入れています。

触って読む

 点訳本、点図付き点訳本、点字
付き絵本、手で読む絵本などがあります。

   点図付き点訳本点図つき点訳本  点訳本コーナー
点訳本コーナー
 点字付きさわる絵本点字付さわる絵本  学習絵本〜テルミ〜がくしゅうえほんてるみ

★手で読む絵本
 「手で読む絵本」とは、触る絵本のことで、登場人物や動物など、絵の部分を様々な素材を利用して、再現している本です。
 手で触ることで、イメージを膨らましてその物語の世界に入っていけるように工夫して作ってあります。聴くだけの読書から、触れて読む読書への導入を図っており、指からたくさんの情報が得られることを経験できるようにしています。童話や迷路、地図、文字カードなどの種類があります。

ぐりとぐらぐりとぐら 手で読む絵本コーナー
手で読む絵本コーナー
さわる日本地図さわる日本地図  さわって楽しむ迷路
さわって楽しむ迷路

拡大して読む
  拡大文字の本や、大活字本、電子書籍、マルチメディアDAISY図書などがあります。

拡大文字の本
 拡大図書コーナー
大活字本 大活字本コーナー
だいかつじぼんコーナー

聴いて読む
 CD図書、DAISY図書、マルチメディアDAISY図書、音の出る絵本などがあります。

★DAISYとは、音声訳された録音図書のことで、パソコンや専用のプレイヤーを利用して再生することができます。
★マルチメディアDAISYとは、音声とその部分のテキストや画像などがシンクロナイズ(同期)して出力されます。音声のスピードや文字の大きさ、背景とのコントラストを変更することができます。

DAISY図書 
デイジー図書
 各学部別DAISY棚
デイジーたな
 マルチメディアDAISY
マルチメディアデイジー
マルチメディアDAISYコーナー
マルチメディアデイジーたな

図書活動の紹介

◆本はともだちコンクール
 本校では、読書行事をきっかけとして、多くの本に親しめるように、校内で毎年「本はともだちコンクール」を開催しています。
 このコンクールは、幼稚部から専攻科までの全児童生徒を対象に全員参加型の形で開催しています。感想文の部、創作の部、朗読の部、標語の部に分かれており、どの部門に応募するかは、個々の実態に合わせて、自由に選ぶことができます。
 また、この読書コンクールで入賞者に表彰式で手渡される盾は、ボランティアグループによる手作りのものです。生徒図書委員会で毎年キャラクターを選定しています。12月に表彰式を校内で開催し、入賞作品はお昼休みに校内放送で放送しています。
 校内読書週間には、図書館内に特設コーナーを設置しています。中学部・普通科では、「読書発表会」を開催し、自分が好きな本を発表する機会を設けています。
 

ボランティア手作りによる入賞盾 
 
トトロたておむすびまんたて
2014年 入賞盾
ディズニーキャラクターのたて



Copyright(c) 1999-2016 Yokohama City Special Support School for the Visually Impaired All Rights Reserved.