【2年】マリノス食育キャラバン

 

 1月22日(水)、横浜F・マリノスのコーチ2名を招いて、「サッカー食育キャラバン指導」を実施しました。これは、主にスポーツで身体を動かす楽しさを体験する・食事の大切さを伝えることをめあてとして行われています。
 「よろしくお願いします!」と元気なあいさつからスタート。まずは、一人ひとりがボールをもち、ボールと仲良くなる時間です。高く投げ上げてキャッチしたり、ペアで自分の陣地にできるだけボールをたくさん運んだりと、楽しみながらボールの操作に慣れ親しみました。
 そして、いよいよ試合の時間。チームメイトと声をかけ合ってパスをつないだり、鮮やかにシュートを決めたりして、大いに盛り上がりました。応援の声も力に、ルールを守って楽しく体を動かすことができました。
 給食の時間は、それぞれの教室で、コーチと共に会食しました。この日の献立は、トンカツということもあり、たくさん体を動かした後の給食にどの子も満足そうな様子でした。食後には、食事の大切さについてお話をいただき、改めて「食」について理解を深めることができました。