本文へスキップ

授業力向上および進学指導重点校の研究指定をうけています

学校長よりThe principal

校長挨拶

校長

 桜丘高等学校ホームページにアクセスいただきましてありがとうございます。

 本校は、昭和2年に横浜市立実科高等女学校として開校、その後昭和23年の学制改革により現在の横浜市立桜丘高等学校と校名が変更され、 今年で創立94年目を迎える横浜でも屈指の伝統を持つ高等学校です。これまで受け継がれてきた伝統の中で、地域はもとより国内外で活躍する多くの有為な人材を輩出しています。
 また、平成24年度からは、横浜市教育委員会より「進学指導重点校」として指定されています。

 校是 「敬・愛・信」

 「敬・愛・信」の言葉を校是とし、「人を敬い」「人を愛し」「人を信じる」ことができる心を育むことを教育の根幹としています。

 学校教育目標

 『知育』 『徳育』 『体育』 の調和的伸長を図る
○進学指導重点校として、潜在能力を開発し、高い学力を育てる。
○自主自立の精神を重んじ、個性と能力を伸ばし、創造力と実践力を養う。
○心身の健やかな成長を促し、規範意識や倫理観のある情操豊かな人間性を養う。

 「敬・愛・信」の校是の下、上記目標を掲げ、日々の教育活動を実践しています。
学習活動の基本としては、まずは教師個人の授業力向上を図るために校内での研鑽を重ね、教師間の授業研究や生徒による授業評価等を利用して授業実践の改善に努めています。 また、生徒がより高い目標を抱き、その目標を達成することができるように、一人ひとりの生徒に寄り添って、学年ごとに計画的な進路指導を行っています。

 具体的には、

  • 「多面的・総合的評価」による大学入試に対応するため、生徒一人ひとりが携帯し学校での活動を記録することができる、桜丘高校オリジナルのポートフォリオ型手帳「さくら手帳」を作成し、活用しています。
  • デジタルデータとして生徒の活動を記録するため、学習支援システム「Classi」を導入しています。この「Classi」を日々の連絡や、学習教材の提示、生徒による授業評価、そして進路指導等に活用しています。
  • 全学年で、定期試験に加え年間数度の外部模試を実施し、個人の学力向上のための指針や進路選択と進路指導に活用しています。
  • 「大学入学共通テスト」の英語の4技能(話す、書く、聞く、読む)評価の対策として、1・2年生全員で英語検定試験「GTEC」を受検しています。
  • 英語力向上の一環として、民間の語学学校と連携し、4技能を駆使できる英語力育成のため、外国人講師による特別講座を放課後に開設しています。(希望者対象)

 その他、様々な取り組みがあります。

 併せて、心豊かで、グローバル社会に対応できる幅広い視野を持ち、主体的に行動できるコミュニケーション能力の育成のために以下のような取組みをしています。
  • 横浜市とドイツ・フランクフルト市とのパートナー都市連携の一環として「シューレ・アム・リード」校と姉妹校提携し、隔年で相互派遣を実施しています。(希望者対象)
  • 地域とともにある学校として、地域行事への参加や地域のボランティア活動等に積極的に参加しています。
     桜丘高校は、進学指導重点校として日々改革に努める中で、「文武両道」の伝統校として、これまで受け継がれてきた学校行事、 生徒会等の自主的活動、そして盛んな部活動等により、これからの社会でも重要な能力である「主体的な思考力と判断力」と 「様々な課題を他者と協働して解決する力」、そして「健康で豊かな心」を持った生徒を育成しています。

                                 令和3年4月  星 野   浩


横浜市立桜丘高等学校

〒240-0011
横浜市保土ヶ谷区桜ケ丘2-15-1

TEL 045(331)5021