本文へスキップ

授業力向上および進学指導重点校の研究指定をうけています

桜高の特色と使命mission

学校長より

 学校長の挨拶(平成30年度)

海外姉妹校提携について

 横浜市とフランクフルト市とのパートナー都市交流の一環として、 平成29年11月14日(火)、横浜市立桜丘高等学校とフランクフルト市の総合高校であるシューレ・アム・リードは姉妹校として提携しました。
 今後両校では、生徒の相互派遣を実施し、部活動の体験やホームステイなどを通じて、生徒間、学校間の相互理解と友情を深めてまいります。
 横浜市の発表資料は  こちらなります。(PDF)


ドイツ国際交流プログラム校内活動

2018年10月

姉妹校派遣留学プログラム 姉妹校受け入れプログラム
校長講話(2018年6月)
第2回ホストファミリー説明会(2018年10月)

横浜市国際局による講演会の実施(2018年7月)

国際交流グループの結成
 ドイツ国際交流プログラムの実施に向け、姉妹校派遣留学プログラム・姉妹校受入プログラム ・有志生徒が参加して結成した国際交流に関するグループです。32名が参加しています。 夏休みにはディスカッションの練習や文化祭に向けた取り組みなどを行いました。 また9月には桜高祭(文化祭)でドイツに関する発表を行いました。

ドイツ語講座(交際交流グループの生徒が参加)
10月の姉妹校受け入れ前に、ドイツ語講座を実施しました。

ドイツ フランクフルト市  姉妹校 シューレ・アム・リード校 受入れレポート

2018年11月


 姉妹校であるシューレ・アム・リード校が10月25日(木)から11月6日(火)まで桜丘高校を訪問しました。
 シューレ・アム・リード校はドイツ、フランクフルト市郊外の自然保護区に近い学校で美しい自然に囲まれた学校です。
 今回は女子8名、男子7名、引率教員2名が来日し、ホームステイを中心として桜丘高校での学校生活を楽しみました。
日付(2018年) 内容
10/25(木) 羽田空港に到着、ホストファミリー宅へ
10/26(金) 桜丘高校へホストファミリーと登校
午前中:オリエンテーション・校内案内 午後:ウェルカムパーティー
放課後:桜高生の案内による市内散策
10/27(土)・28(日) ホストファミリーと週末を過ごす
10/29(月) Workshop(メディアをテーマにドイツ生徒と桜高生によるディスカッション)
放課後:部活動に参加
10/30(火) 午前:授業参加(2時間目:特別授業 柔道)
午後:リード校によるプレゼンテーション(小講堂)
放課後:部活動に参加
10/31(水) 平常授業(授業参加 4時間目:特別授業 茶道)
放課後:部活動に参加
11/1(木) 東京観光
11/2(金) 横浜市内視察:マリーンシャトル乗船 中華街 三渓園など
副市長表敬訪問
11/3(土) 鎌倉観光
11/4(日) ホストファミリーと週末を過ごす
11/5(月) 平常授業(授業参加 3・4時間目:調理実習に参加)
午後:フェアウェルパーティー
11/6(火) YCATにてホストファミリーとお別れ  羽田より帰国

10月25日(木) 来日の様子     ホストファミリーとの出会い

10月26日(金) 桜丘高校へ初登校
 オリエンテーションと学校内ツアー
ウエルカムパーティー
留学生による歌のプレゼントと自己紹介
ドイツに関するプレゼンテーション
留学生が各クラスに移動

10月26日(金) 放課後 桜高生の案内による市内散策
みなとみらい地区
新横浜ラーメン博物館

10月27日(土)・28日(日)  ホストファミリーと過ごす。

10月29日(月)  Workshop
 メディアをテーマにドイツ生徒と桜高生によるディスカッション

10月30日(火)  授業参加・学校生活

10月30日(火) 放課後  留学生によるプレゼンテーション

10月31日(水)  特別授業 茶道

10月31日(水) 放課後  部活動に参加

11月1日(木) 東京観光

11月2日(金) 横浜市内視察
マリーンシャトル乗船

横浜中華街
三渓園

11月2日(金)放課後 副市長表敬訪問

11月3日(土) 鎌倉観光

11月5日(月) フェアウェルパーティー  学校生活

11月6日(火) YCATにてホストファミリーとお別れ

中期学校経営方針

 平成30年4月〜平成33年3月までの学校経営計画はこちらなります。(PDF)

桜丘高校は大学連携を推進します

 本校では、将来のキャリアを考え、学習意欲と進路に対する意識の向上を目的に、大学教育と連携した取り組み行っています。 連携先は主に横浜国立大学、横浜市立大学なります。また、今年度は、JST(国立研究開発法人 科学技術振興機構)より『中高生 の科学研究実践活動推進プログラム』の認可を受け理科教育の振興に力を入れています。

教育課程

 本校では、1年生を「自己発見期」と位置づけ、クラス単位を主体としてさまざまな科目を学ぶことで自分自身の適性を模索する期間と考えます。 その中でも、特に継続的な学習を必要とする基礎科目である「英語、数学、国語」の指導に重点を置くとともに、必履修科目を多く設置することで、 学習習慣を確立させるとともに、卒業後も学び続ける姿勢や向上心を培います。
 次に、2年生を「自己開発期」と位置づけ、国公立・私立や文科系・理科系といった進路希望を意識できる科目構成とし、生徒全員が国公立大学 を多くのパターンで受検できるように編成されています。さらに、学習内容の深化を目指して少人数で授業を行う科目もあります。そして、その中 で、将来社会人として豊かな生活を送るための教養の育成を図ります。
 さらに、3年生を「自己実現期」と位置づけ、生徒ひとり一人が自ら志向する学問に対して深い関心を抱きながら進路実現が図れる科目を設定す ることで、個々の「夢」の実現を支援していきます。また、授業以外にも長期休業中の講習などを積極的に実施し、年間を通じて充実した学習活動 を行える環境を設定しています。

平成28年度の教育課程表は次の通りです。

 

桜丘高校の沿革

  桜丘高校の沿革はこちらなります。
 

横浜市立桜丘高等学校

〒240-0011
横浜市保土ヶ谷区桜ケ丘2-15-1

TEL 045(331)5021