横浜の学校事務職員

  • 本市では昭和24年12月31日、選考試験によりはじめて学校事務職員が採用されました。現在、市立の義務制諸学校に配置されている事務職員は、全て政令指定都市である横浜市が採用しています。
  • (1) 行政職員給料表
    (2) 初任給1級37号給 (横浜市=上級職採用・大卒程度)
  • 【指定を受けている職務】

    物品出納員

    平成6年4月1日 教委総第1173号 総務課長通知
    「物品出納員について(通知)」(校長は物品管理者)

    契約事務担当者

    昭和52年7月19日 教委総第103号 教育長通知
    「市立学校における物品購入等にかかる契約手続きについて(通知)」

    経理事務担当者

    昭和63年5月23日 教委総第191号 教育長通知
    「横浜市立学校財務取扱要綱」の制定について(通知)

    検査員

    昭和63年5月23日 教委総第191号 教育長通知
    「横浜市立学校財務取扱要綱」の制定について(通知)

  • 【各区の市立学校数】
     小学校338校・中学校144校・義務教育学校2校・特別支援学校13校 総事務職員定数631名
    (※定数は事務職員定数)
      小学校 中学校 義務教育学校 特別支援学校
    区   学校数 定数  学校数 定数  学校数 定数 学校数  定数 
     鶴見 22 30 10 15        
     神奈川 19 23 7 9     1 4
     西 9 11 5 5        
     中 10 10 5 6        
     南 17 19 8 8     2 6
     港南 21 23 10 12     2 6
     保土ヶ谷 19 21 8 12     2 8
     旭 24 25 12 14     2 7
     磯子 16 18 7 8        
     金沢 21 21 9 12 1 2    
     港北 26 33 9 15     1 4
     緑 15 23 6 9 1 2    
     青葉 30 31 12 16        
     都筑 22 26 8 15        
     戸塚 26 29 9 12     1 3
     栄 14 14 6 7     1 4
     泉 16 18 8 11        
     瀬谷 11 15 5 7     1 2

  • 【本研究協議会の組織】
  • 組織図

採用試験に合格した皆さんへ

横浜市公立学校事務職員研究協議会


TOP